ENTERTAINMENTアルバイトから副店長、
そして店長になって気づいた違い。

INTERVIEW

東愛産業 営業部 店長

Akina Fujita藤田 あきな

社員になる。そこで感じた責任感と楽しさ。

私はアルバイトを8年勤めていました。新しくアルバイトチーフの経験を活かして副店長からスタートできる社員登用制度ができたのを聞いて、このままアルバイトを続けるなら、スキルアップにもチャレンジしてみては、という話もいただき、せっかくならと思い、副店長の道に進みました。

いざ実際に社員になってみると、責任感は一味違ってきましたね。店長になってからも、スタッフを守る責任や会社の意向と自分のやりたいことのバランスをとりながらやるのは、思っていたより難しかったです。でも、そのほうが楽しくもありましたね。とはいえ、社員になっていちばん良かったと思うのは、正直に言うと、社員旅行かもしれません(笑)

東愛産業はアツい会社。その中で女性が働く環境を作っていきたい。

東愛産業という会社は、入社してからより感じていますが、本当に人に対してのチカラがすごい強い会社ですね。人のチカラひとつで右にも左にも動くくらい、団結力を感じる会社です。ホントにアツいですね。年末の大変な時は、目標達成に対して、スタッフ一人ひとりまでもが自発的に行動しています。伝わっていますよね。

そんな中で、私が今後できることは、女性店長の育成です。自分が関われることから関わって、お店を作っていく楽しさやチャンスを次の人に渡していったり、育てたりしたいなと考えています。

一覧に戻る